Silent Tone Recordのブログ

2012年10月よりクラシック・レコードの通信販売専門店として開業したSilent Tone Recordのブログです。大学で西洋クラシック音楽をはじめアジアの民族音楽を学んだ店主がクラシック音楽を中心に、音楽、食、旅、日々の出来事を綴っていきます。

Livedoorデパートに在庫のある商品の中でお薦めを紹介します。

DLP1190
チャイコフスキー:Vn協奏曲Op.35/I.ヘンデル(vn)E.グーセンス指揮ロイヤルpo./DLP 1190
今もなお現役 として活躍するイダ・ヘンデルは1928年ポーランド生まれの女流ヴァイオリニスト。ヨーゼフ・ハシッド、ジネット・ヌヴー、ヘンリク・シェリング、マックス・ロスタルなどそうそうたる演奏家を育てたカール・フレッシュに師事し、フランスではジョルジュ・エネスコにも師事した。録音嫌いでも知られ残された録音は少ない、しかしその少ない録音は露メロディアに残された小品集(D 07287 )をはじめ名演揃い。協奏曲はチェリビダッケ指揮ロンドンso.とのブラームス、クーベリック指揮フィルハーモニアo.とのベートーヴェン等があるが、このチャイコフスキーはその中でもヘンデル節全開の最も熱い演奏。録音も良く彼女の素晴らしさを知る事が出来る1枚。LPは高額だが自主製作CDRでもその素晴らしさは伝わるだろう。

Silent Tone Record


Livedoorデパートに出品中のLPの中でお薦めを紹介します。

EJAS12
「フランスPf曲集」シャブリエ(2曲),セヴラック,アーン,サン・サーンス,ドビュッシー:ピアノのために,アラベスク1,2番,喜びの島/M.タリアフェロ(pf)/EJAS 12
マグダ・タリアフェロ(1893~1986)は、ブラジル生まれの女流ピアニスト。コルトーに学びフランス音楽、特にフォーレの演奏は作曲者を唸らせる程だった。SP時代の録音からデジタル録音期まで録音があり、’81年当時90歳近い年齢で録音されたフォーレ作品集でも変わらぬ素晴らしさを聴く事が出来た。これはERATOに唯一録音されたものでモノラルのみの発売と思われていたが何とステレオ盤があった。限定3000部のプレスの1208番。 フランス音楽ファン、タリアフェロ・ファン垂涎の1枚。

Silent Tone Record   

Livedoorデパートに出品中のLPの中でお薦めを紹介します。


XPMX2273
モーツァルト:Pf協奏曲20番K.466,グルック:「オーリードのイフィジェニー」序曲,「アルセスト」序曲/Y.ルフェビュール(pf)W.フルトヴェングラー指揮ベルリンpo.(モーツァルト),ウィーンpo.(グルkック)/XPMX 2273

このLPの聴き所はやはりイヴォンヌ・ルフェビュールのモーツァルトだろう。ルフェビュールは1898年フランス生まれの女流ピアニスト、演奏者としては録音が少なくディヌ・リパッティやサンソン・フランソワ等を輩出し、教育者としての方が有名かも知れない。当盤は’54年のライブ録音、ライブでの協奏曲の録音というと当時の技術では難しい所もあるが、それでも余りある演奏者の熱気が伝わってくる。他に英UNICORNや伊FONIT CETRAからも発売されているが当盤(仏フルトヴェングラー協会)がLP初出になる限定1000枚プレス。

このページのトップヘ